被害が大きくなる前に~雨漏り修理業者に調査を依頼~

小規模な雨漏りは発生しても気づかないことが多いため、住宅の調査は業者の方に任せておくのがベストです。業者の方はさまざまな調査方法を取り扱っており、どのような雨漏りもしっかり発見することができます。まずは調査方法を確認してみましょう。

業者が行なっている調査方法

散水調査
業者の方が住宅の屋根を調査する際は、散水調査を実施することが多いです。ホースなどを使って屋根に水を撒き、目視で屋根の状態を確認することで雨漏りの発生している場所を調べます。熟練の方に実施してもらえば、すぐに雨漏りを発見することが可能です。
赤外線調査
散水調査などで発見しにくい雨漏りを見つけたい場合は、赤外線調査を実施するのが最適です。この調査方法は赤外線カメラを使って屋根を撮影するだけなので、屋根に水を撒く必要がなくすぐに調査を完了させることができます。
ファイバースコープ
屋根の状態をより詳しく確認しておきたい場合は、ファイバースコープを使って屋根の内部も徹底的に調べてもらいましょう。他の調査方法よりも詳細に屋根の状態を調べることができるため、どのような雨漏りにも対処可能です。
男性

このように雨漏り修理を取り扱う業者はいろいろな調査方法を用意しています。だから、状況に則した最善の方法で雨漏り対策をしたり、二次被害の発生を防いだりしてくれるといったこともスムーズにこなしてくれるのです。個人では調査できない部分もしっかり調べることができるので、屋根の調査は必ず業者の方に任せておきましょう。

雨漏り調査にかかる費用

雨漏り調査にかかる費用は調査方法の種類によって異なるため、調査を実施する際は事前に調査費用の相場を調べておきましょう。赤外線カメラ調査などの調査方法は特殊な設備を使うため費用が高額ですが、原因をきちんと特定することができます。

TOPボタン