防水工事のいろいろな種類とメリット【雨漏りを防ぐ効果的な方法】

雨漏り修理にかかる費用を少しでも節約したい場合は、住宅に防水工事を施しておきましょう。防水工事を行なっておけば住宅の耐久性をアップさせることができ、雨漏りが発生する確率を大幅に低下させることが可能です。また、雨漏りによる二次被害が起きる可能性を大幅に防ぐこともできます。

防水工事の種類

アスファルト防水工事
熱工法を使ったアスファルト防水は水密性と耐久性に優れており、工事効果も長持ちするため昔から活用されていました。アスファルト防水工事に含まれる工法の1つであるトーチ工法は、煙や臭いがほとんど出ないという特徴を持っています。臭いによる周囲への影響を懸念している方に適した工法と言えるでしょう。
ウレタン防水工事
ウレタン防水工事に含まれる1つの工法・密着工法は、コストがとても安いため、防水工事にあまり費用を使いたくない方に最も適した工法といえます。通気緩衝工法は工事が簡単に実施できるため、複雑な形状の屋根にも工事を施すことが可能です。
FRP防水工事
FRP防水は強度が高いため、耐久性と耐水性に非常に優れています。工事を行なっておけば住宅で雨漏りが発生することはほとんど無いでしょう。施工を行なってからすぐに塗料が乾く上に、塗料の厚みも均一に保てるので、短時間で防水工事を完了させることができます。

防水工事によって得られる効果は実施する工事によって変わるため、自宅に防水工事を施す際は目的に合った工法を選ぶ必要があります。業者のホームページなどを事前に確認しておけば、工法の特徴を簡単に調べることができます。

アフターサービスでより安心

防水工事や雨漏り修理を依頼する場合は、自信と高い技術力を持った業者に施工を任せておく必要があります。きちんとアフターフォローも実施してくれる業者に依頼を行なっておけば、施工中に重大なトラブルが発生することはありません。

TOPボタン