二次被害を防ぐ応急処置~雨漏り修理の負担を軽減~

雨漏りが発生した場合はすぐに修理を行なうようにしましょう。迅速にトラブルを解消することで住宅への悪影響や二次被害の発生を防ぐことができます。雨漏り修理を実施してもらうのに時間がかかる場合は、応急処置を施すことで雨漏りの悪化を防ぎましょう。

応急処置に使うアイテム

ブルーシート
自宅で雨漏りが発生した場合は、ホームセンターなどでブルーシートを購入し、屋根に設置しましょう。これだけで雨漏りによる被害を最小限に食い止めることができます。雨漏りの発生場所をしっかり覆っておけば、雨水が室内に侵入することはありません。
受け皿
雨漏りが発生して室内に水が入ってくると、床に水が溜まってしまいます。床が濡れると足元が滑りやすくなり、転倒してしまう可能性が高いです。室内に水が侵入してきた場合は、下に受け皿を用意することで床が濡れるのを防ぎましょう。
防水テープ
雨漏りが発生した場所に防水テープを貼っておけば、水の侵入を防いで住宅への悪影響を改善することができます。ブルーシートなどと同時に併用しておけば、より高い防水効果を発揮して屋根を守ることが可能です。

雨漏りの応急処置に役立つアイテムは、ホームセンターだけでなくコンビニなどで販売されていることがあります。雨漏り修理をすぐに行なうことができない場合は、近くの店舗でこうしたアイテムを購入して応急処置を施しましょう。

雨漏りが発生しやすい状態の例

  • 屋根が老朽化して隙間が発生している。
  • 天井にカビが生えている。
  • ベランダ、バルコニーなどで雨漏りが発生したことがある。
作業員

雨漏りが発生しやすい住宅には家の中でこのような兆候が現れるため、自宅にカビや老朽化などが発生した場合はすぐに修理業者へ連絡をしましょう。雨漏りの症状が悪化するのを防ぎたい場合は、迅速に雨漏り修理を依頼しておくことが重要です。

TOPボタン