二次被害が出る前に!早めの雨漏り修理が大切

天井

雨漏りが発生してしまうと住宅内の木材などが濡れてしまい、腐ってしまうことで住宅の機能に悪影響を与えてしまう可能性があります。そのため住宅の中で発生しているのを見つけた場合は、迅速に雨漏り修理を行なうのが適切です。

雨漏り修理が必要になるサイン

劣化
屋根材やルーフィングが劣化すると衝撃などで割れやひびが発生し、その部分から雨水が侵入するようになります。そのためルーフィングや屋根材に割れやひびが確認できた場合は、新しいものへと交換しておきましょう。ルーフィングの耐久性は約20年以上とされていますが、費用に余裕があるなら早い段階で雨漏り修理をしておくと安心です。
亀裂
壁に亀裂が生じていると住宅の屋根から落ちてきた雨がそこから侵入し、住宅内を濡らしてしまいます。場合によっては壁の中にある木材や断熱材を濡らして腐食させてしまうこともあるため、壁の亀裂は迅速に修理しておくのが得策です。壁から発生する雨漏りは気づきにくいので、雨漏り修理の作業が難航する前にチェックしておきましょう。

屋根材の劣化や破損は雨漏りを発生させてしまうため、こうしたトラブルの発生を防ぎたい場合は自宅の定期点検を実施しましょう。屋根材の状態をしっかり把握しておけば早めに雨漏り修理を行ない、施工費用や作業時間を短縮することが可能です。

二次被害の恐ろしさ


建物へのダメージはありますか?
壁や柱などの場所から雨漏りが発生すると住宅が水で濡れてしまい、徐々に腐っていく可能性が高いです。天井やクロスなどの部分にシミが発生し、状態が悪化すると木材の腐食や鉄材の錆などによって住宅の耐久性が低下してしまいます。
建物が劣化するだけではないの?
雨漏りが発生すると住宅内に湿気が溜まり、シロアリが住み着いてしまう危険性があります。一度シロアリが住み着いてしまうと住宅の木材や断熱材が食害でボロボロになり、雨漏り修理作業に多くの費用と時間がかかってしまいます。

雨漏りをそのまま放置していると住宅にさまざまな悪影響が発生してしまい、耐久性や性能を悪化させてしまいます。自宅を長い間活用していきたい場合は雨漏り修理をする前段階で定期点検を実施し、住宅をこまめにチェックすることでトラブルの発生を防ぎましょう。

業者に任せてしっかりと対策する

定期点検などの雨漏り対策をきちんと行なっていれば、住宅で雨漏りが発生することはなく、住宅への影響を防ぐことができます。雨漏り対策をきちんと行なっておきたい場合は、専門業者に雨漏り対策を依頼しましょう。

多様な雨漏り修理サービスで安心

女性

雨漏り修理専門の業者はいろいろな雨漏り修理サービスを取り扱っており、一人一人の要望に合わせて最適な施工を行なってくれます。不良個所の修理や住宅全体のリフォームも実行でき、また火災保険の申請代行も任せることができます。

火災保険の手続きを行なう

修理業者に雨漏り修理を依頼しておけば、事前に見積もりを確認することで施工費用を把握することができます。雨漏りが発生した原因もチェックできるため、スムーズな対応で迅速に修理工事を完了させることが可能となります。

TOPボタン